これは流したらNG

トイレに流してはいけないものはずばり固形物です。胸ポケットに挟んだペンやスマホをトイレに落としたら、すぐ拾うのが正解です。そのまま流してしまうと最初のS字でつまって流れないでしょうし、水の勢いで仮に第一関門を突破したとしてもその先の配水管で詰まった場合は、便器を外して配水管も掘り出すなどの大工事になってしまう可能性が出てきます。

トイレに嘔吐するというのは普通に見られる光景なのですが、実はこれもトイレのつまりの原因になる可能性があるのです。大量に吐いた時はどれだけ細かいものであっても脂分が多いと、壁にへばりついて流れずに排水口を狭める結果になります。

トイレットペーパーの代用品でたまたま手元にあった雑誌などの厚紙は、トイレのつまりの原因になり得ます。トイレに流せる紙はあくまでもトイレットペーパーである事を忘れないようにしましょう。大量のトイレットペーパーをまとめて流すのもつまりの原因になりますから、少しずつ流すように工夫をします。

少しずつ流して欲しいのはペットの便もそうです。人間の便よりも密度が高くつまりやすいですから少しずつ流すようにします。同様に水に溶ける猫砂と書かれている製品も少しずつ分けて流す分には、つまりません。

流してもOKなのは

トイレ専用に作られているトイレットペーパーは溶けやすく作られていますから溶けますが、大量に使うと密度が高まり溶けにくくなりますから少しずつ流すようにします。似たような材質のティッシュペーパーは溶けにくく作られていますから、流すと溶けずにつまりの原因になりますから避けましょう。時々公共トイレの壁に“トイレットペーパー以外は使用しないでください”といった文面の張り紙が貼ってあるのを見かけますが、まさにその通りです。

トイレに流せる猫砂として最近人気のある製品が多く出回っていますが、これらは水分を吸収して固着する性質になっていますが、少しずつ流すようにすればトイレのつまりの原因にはなりません。このことも注意書きとして包装紙に書かれているはずですから確認してみましょう。水に流せるお掃除シートという事で市販されているデオドラントシートですが、一回分ずつ流す分にはOKですが、大量に流す事は禁物です。

その他水に流せる事をうたっている製品の多くは少量ずつ分けて流す分にはトイレのつまりの原因にはなりません。猫や犬などペットのフンは人間の大便ほど溶けない事があります。人間のトイレに流すと時は少しずつ流れていっている事を確認しながら流せばOKです。

トイレのつまりとは

トイレをつまらせないようにトイレのつまりで困った経験はありませんか。水を流しからくんできて流してみたり、しゅっぽしゅっぽとトイレの底に真空パイプを当ててみたりなど、涙目になりそうな苦労しながら流したという人もいることでしょう。なぜこうもトイレは詰まりやすいのかと思ってしまうのですが、そもそもの要因はトイレの構造によるのです。

昨今はテレビコマーシャルなどでS字型パイプのイラストがたびたび流れますし、台所の排水パイプもS字型をしているのを見る事ができますからなんとなくは想像できるでしょうが、大半のつまりはS字型パイプで詰まるのです。さらにその先の排水溝まで流れていって詰まる事もあります。なぜわざわざこのようなややこしい形をしているかと言いますと、とても大切な役割を果たすためです。
トイレに関して言えば、S字型をしているので流し切れなかった排水が当然ながら貯まります。そのためにさらにその先にある真空管すなわち配水管からの臭気およびウジ虫やハエなど部屋に上がってきて欲しくない嫌な虫が、ここで足止めされて上がってくるのを防ぐことができるのです。そう考えると実にすばらしい人間の知恵が働いている事になり、感心するばかりです。

しかし詰まりやすいのも確かです。水の勢いで汚物を排水溝まで流す事を計算して水量も調節されていますから、節水という名のもとにタンクの中に水入りペットボトルを入れるなどの方法は、あまり推奨されません。いろいろ見ていくとリスクも大きくなりますから注意が必要です。