トイレのつまりとは

Pocket

トイレをつまらせないようにトイレのつまりで困った経験はありませんか。水を流しからくんできて流してみたり、しゅっぽしゅっぽとトイレの底に真空パイプを当ててみたりなど、涙目になりそうな苦労しながら流したという人もいることでしょう。なぜこうもトイレは詰まりやすいのかと思ってしまうのですが、そもそもの要因はトイレの構造によるのです。

昨今はテレビコマーシャルなどでS字型パイプのイラストがたびたび流れますし、台所の排水パイプもS字型をしているのを見る事ができますからなんとなくは想像できるでしょうが、大半のつまりはS字型パイプで詰まるのです。さらにその先の排水溝まで流れていって詰まる事もあります。なぜわざわざこのようなややこしい形をしているかと言いますと、とても大切な役割を果たすためです。
トイレに関して言えば、S字型をしているので流し切れなかった排水が当然ながら貯まります。そのためにさらにその先にある真空管すなわち配水管からの臭気およびウジ虫やハエなど部屋に上がってきて欲しくない嫌な虫が、ここで足止めされて上がってくるのを防ぐことができるのです。そう考えると実にすばらしい人間の知恵が働いている事になり、感心するばかりです。

しかし詰まりやすいのも確かです。水の勢いで汚物を排水溝まで流す事を計算して水量も調節されていますから、節水という名のもとにタンクの中に水入りペットボトルを入れるなどの方法は、あまり推奨されません。いろいろ見ていくとリスクも大きくなりますから注意が必要です。

管理者